病院で性別を説明するためのテンプレート用紙を作りました!!

LGBTQの記事

理学療法士でトランスジェンダーのJUNです。

トランスジェンダーやXジェンダーの方は病院にかかりづらいと感じることが多いと思います。

病院に受診した際には、保険証をだしたり問診票に性別を書いたりするのにとても苦労すると思います。他にも、戸籍変更していない当事者は、診察券の性別記載は普段の生活している性別で記載してほしいと思うことがあると思います。

受付・診察・会計時の呼び出しでは、通称名を利用してほしいと思っている方は多いのではないでしょうか?

そこで、病院に対して性別の事を話しづらいと感じる当事者が多いと思い、病院の受付や診察時に見せれば良いテンプレートを作りました。

ぜひ、使ってください。

書き方・使い方

書き方を説明します。記入例をエクセルとPDFで作成したので、参考にしながら記入してみてください。記入例には、見やすい様に赤字で記入しています。

大きく上・中・下段に分かれています。上段には性別に関する説明を、中段には手術歴を、下段には通院歴・お薬の状況を書いてください。

上段の名前は右側は保険証の名前通称名欄は通称名を書いてください。

性別に関する説明では、生まれた時の性別では男と女のどちらかに〇をつけてください。書きづらいと思いますが、病院ではどうしても必要な情報になります。これを読んでくださっている方の健康を守るには、性別の正確な記入が必要となります。充分に知っているかもしれませんが、性別によってかかり易い病気が変わります。ご理解していただけたら嬉しいです。

中段の手術歴・既往歴にはSRSや胸オペなどを書いてください。手術した病院や診療科、主治医を書いてください。今までに受けた手術や診断された病気の名前を書いておくと、受診の時にスムーズになります。

下段のお薬の状況には身体に合わなかったお薬ホルモン注射の状況などを書いてください。

以上で書き方の説明は終わりです。エクセル版とPDF版の両方を添付するので、使いやすい方を使ってください。

実際に使ってみてください!!

この用紙を使うことで、少しでも病院にかかり易くなり健康を保てる人が増えることを願っています。

使っていく中で、使いにくいと感じることやもっとこうだったらいいのに…ということがあれば、いつでも教えてください。様々なご指摘を基に、より多くの人が使いやすい物を作りたいと思っています。

JUN  2020/4/21