New York City Pride 参加報告

2019年6月30日(日)にNew York City Prideに参加してきました。今年は、ストーンウォールの反乱から50周年という記念すべき年にあたります。そのため、Pride Paradeはとても盛り上がりました。

Pride Paradeとは、LGBTQ(L:レズビアン、G:ゲイ、B:バイセクシャル、T:トランスジェンダー、Q:クエスチョニング)の誇りを取り戻そう!!という運動のことです。生活をしていると、様々な不自由や差別などを感じる場面があります。それでも、「私たちは私たちらしく、誇りをもって生きていこう。私たちはここにいるんだ!」ということを発信し、皆が誇りを持って生きていけることを願いながらお祝いするパレードです。

ストーンウォールの反乱から50周年

ストーンウォールの反乱とは、ニューヨークはダウンタウンにあるストーンウォール・イン(Stonewall-in bar)というゲイバーでの不当な警察の取り締まりに対して初めて抵抗を起こし、Gay prideの発端となった運動のことです。

まだほんの50年前の1969年のニューヨークでは同性愛を始めとしたセクシャルマイノリティーに対する差別は当たり前のことでした。ゲイバーに対して警察が潜入捜査をしてゲイの人を逮捕したり、バーを休業に追い込んだりしていました。

そういった日々が続いている中、1969年6月30日深夜に行われた警察による強制捜査に対して、初めて抗ったのです。その翌年以降、毎年6月30日になると通りを行進するゲイ・プライドが始まりました。

50年経った今年にはマンハッタン5番街でお祝いするまでになりました。今はまだまだ課題は多いですが、ここまでセクシャルマイノリティーの権利を向上させ、認知度を上げてきた先人達や現在の活動家の方々には尊敬の念を抱きます。彼らがいたからこそ、今の私がいると思っています。

ニューヨークの盛り上がり

6月28日、ニューヨークはマンハッタンに入ると、街中がレインボーカラーで溢れていました。街中がレインボープライドを祝福しているような感覚です。

印象的なのは、地下鉄、市立図書館、博物館、といった公共機関の乗り物や建物にレインボーフラッグやレインボーカラーで彩られていたことです。

1枚目はメトロポリタン美術館、2枚目はペンシルベニア駅です。

地下鉄のチケットもレインボープライドを祝福していました。

パレードを歩く!!

今回、TRPのフロートに参加して歩きました。TRPからは初めての参加ということでしたが、日本からの参加者は150名近くにもなったそうです。皆、思い思いの格好をして歩き始めるのを今か今かと待ちました。

今年のNew York Prideには50周年ということもあり、約150ものフロートが集まったそうです。パレードの参加者は約170万人にものぼったそうです。沿道を合わせると数百万にものぼったと言われています。現地で会った日本人の参加者は、どの人も東京レインボープライドとの規模の大きさに驚いていました。

TRPのフロートがスタートしたのは22時15分過ぎと予定時間を大幅に過ぎた時間でした。Madison square parkから出発し、マンハッタンの中心街と言われる5番街をずーっと南下していき、聖地となっているストーンウォール・インの前を通り過ぎ、再び7番外を北上していくコースでした。

スタートが22時を過ぎていたため、沿道に人がいるのだろうか、ととても不安に思いました。しかし、始まってみるとそんな不安は吹き飛び、人が途切れる場所はありませんでした。

ストーンウォール・インの手前には、セクシャルマイノリティの多様性を示す看板が立っていました。

ストーンウォール・インの前まで来ると、パレードの興奮は最高潮に達しました。前を通る時、50年前の反乱が起きた時間に近づいていました。50年前へ思いを馳せると、血を流して戦ってくれた先人達へ感謝の念が絶えません。そして、私たちがこれを途切れさせてはいけない、と強く思いました。

TRPと海外のフロートの違い

東京レインボープライドと海外の他のチームとの大きな違いは、年齢層でした。東京レインボープライドは、30代が多くを占めていました。一方、他の外国のチームでは50代以降と思われる人達も多く参加していました。

ここに、東京(日本)と海外の認知や理解の違いがあるのではないかと思います。

また、東京レインボープライドの運営側の年齢層も影響しているのではないかと思います。運営は30代~40代が多くを占めています。そのため、その“友人たち”である同年代の参加が多く目立ちました。今回のTRP運営は、New York Prideから色々な注意・指導を受けていた様です。そして、TRP公式ツアーに参加した人々への配慮の欠ける言動が多く目立ちました。“お友達”運営の体質を変えないと、次のステップに進めないのではないかと思います。

ニューヨークまで行ったことで、日本にいただけでは知ることができないことや経験できないことができました。

今後も、セクシャルマイノリティに関するイベントに参加し、報告を載せていきます。